fc2ブログ

劇団唐ゼミ☆ 椎野裕美子のつれづれ

テント役者のあられもない日常をつづります。

Entries

大雨の中のSPAC『おちょこの傘持つメリーポピンズ』観劇

4月29日(木祝)。
ふじのくに⇄せかい演劇祭2021で上演されました
『おちょこの傘持つメリー・ポピンズ』を観て参りました。

そう。この日は、ビビるくらいの大雨。
そう。上演場所は天井なしの野外劇場。
そう。上演時間は2時間。

ただの観劇ではない、スペシャルな観劇体験をしてまいりました。

我が劇団唐ゼミ☆でも、過去、台風直撃の中、野外劇上演を敢行していましたので
多少その壮絶さは想像がつき、新品のカッパと防水靴と着替えとタオルを持参して
のぞんだものの、やっぱり濡れました!濡れるよね!!

私が台風荒れ狂う雨の中演じた際、大変だったことは
「雨で目があけられなくなる」こと。
なので、今回俳優さんたちがしっかりと目をあけ
演技をしていたことに驚愕。
とんだり跳ねたりもお手の物。片足立ちだってやっちゃう。
ぬれぬれつるつるの舞台を右へ左へと飛びはねる。
そして客席は俳優さんの目線よりも高い位置にありますので
やや俳優は顔を上に向け、顔面で雨を受けながらの演技。
サブサブ雨を顔に浴びながら、マスク着用で演技なんて
あんなの絶対呼吸できないはずなのに!
おそろしいフィジカルの強さを感じました。
雨なんてゼーンゼン感じさせないハツラツとしたヒロイン・カナとおちょこ。
いや、もうハツラツ!

2020年4月に上演されるはずだったこの舞台はコロナ禍により1年の延期を
余儀なくされ、その間、ソーシャルディスタンスを意識された演技手法も取り入れられ
役者は会話している相手の方を向かず
「客席を向いて相手と会話する」という演技スタイル。
本来なら不自然きわまりないのに、なぜかわかりやすい!

雨音にかき消されて何を言っているのか
本当に聞こえないところがあるのですが、
そこは舞台上手付近に設置されている英語字幕を見てカバー。
英語字幕バンザイ。

いやはや、本当にすごいものを観せてもらいました。
だって1年越しの上演ですもの。スタッフも俳優も警備員さんも
熱がこもってました。

こちらの公演、SPACさんのブログで舞台の裏側をのぞけたり、
あらすじや作品の時代背景や取り扱っている時事ネタまで
丁寧に解説もされてますので、是非ごらんくださいませ。

【大解剖!『おちょこの傘持つメリー・ポピンズ』の魅力】
2020.3.6 Vol.1〜宮城聰に聞いてみました〜
2020.3.17 Vol.2〜あらすじ紹介編〜
2020.3.28 Vol.3〜稽古場レポート・前編〜
2020.4.2 <号外>稽古方法を変更しました
2021.4.11 Vol.4 ~一年越し!待望の上演決定!~
2021.4.15 Vol.5 ~舞台美術/カミイケタクヤ~
2021.4.16 Vol.6 ~ここまで見せます!『おちょこ』の稽古場~
2021.4.22 Vol.7~いよいよ野外劇場での稽古がスタート!~
2021.4.23 Vol.8 ~衣裳/駒井友美子~

観る方も作る方も本当に熱がありました。

shiinoblog210501.jpg
↑本当に雨がすごくて、ほとんど写真が撮れませんでしたが
開演前の劇場エントランスの様子です。

関連記事
スポンサーサイト



Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

痩身剛腕

Author:痩身剛腕
劇団唐ゼミ☆ 役者

Twitter

椎野裕美子のつぶやき

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

月別アーカイブ