痩身剛腕記

劇団唐ゼミ☆ 椎野裕美子のつれづれ

Entries

霊が見えると言うと誰にも信じてもらえない。

「金縛り」も身体は疲れてるが脳が覚醒しちゃってる時に起こる現象
とかいうけれども、
わたしも疲れてくると、霊的な何かをよく見る。
「あっ、いた!」と思ってもう一度同じ場所に目をやると、

当然いない。

一応、その見えたものは霊ということにしている。
「見える」と言うと、たまに「私も…」というお方もいるが、
そういった方々とは多分話は合わない、と思う。
単に街路樹がそんな風に見えたからかもしれないし
本当に人間が一瞬そこを通っただけかもしれないし、わからない。

劇団メンバーに聞くとやっぱり見えない人がほぼ。(当然か)
ああ、鷲見くんが8月の東北公演の石巻でテント番をしている時に
お会いしたって言ってたな。
楽屋テントの中に海の方を眺めている6人くらいの人がいたとか。
震災で不幸に見舞われた方じゃないかと鷲見くんは言っていた。

それは多分、そうなんだと思う。

それにしても、わたしの周辺の人達は、
わたしが「見える」というのが信じられないらしいのだ。
失礼な。
わたしだってそんな特殊能力があるようなこと言ったっていいじゃないか。

だから、多分、見えますよ。わたし。

スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

痩身剛腕

Author:痩身剛腕
劇団唐ゼミ☆ 役者

------------------------------
劇団唐ゼミ☆公演、次回は冬!

Twitter

椎野裕美子のつぶやき

FC2カウンター