FC2ブログ

痩身剛腕記

劇団唐ゼミ☆ 椎野裕美子のつれづれ

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

横浜にあるロマンス

結構お酒、のまれるんでしょ?

と言われることがありますが、
実は
お酒を飲む、と決めた日しかほとんど飲みません。
お酒を飲む時は、飲むか飲まれるかの覚悟で挑みます。
いまのところ勝負は圧勝です。
飲まれた時には、別の人格がおいでましますので
わたくしの覚えている範囲では、飲まれたことはありません。
世の政治家も間違ったことは言っていませんな。
「身に覚えがない」と。

そんなわたくしに「いい店がある」と
とある方々から紹介された店が
横浜駅ほど近くにあるお店「ロマンス」
なんだかノスタルジックな気分が味わえそうな昔懐かしな店の名。
その方々いわく、



客はほとんどいなく、
数名の年配客がウイスキーを傾ける。
歌を歌っている人がいるけれども、
それは誰が聞くともなしにBGMとして流れ、
曲が終わればどこからともなく拍手が起こる…。



気分はまさに、こんな感じ。




想像はふくらむばかり。
また、わたしの知らない横浜と出会うことができるのね…






ドアを開けるとそこは……























バ…バブルーーーーーーー!




の香りを残しつつある、




カクテルホーーーーーーール!!!!









ああ、いっぺんにそこは伊丹十三の世界。
映画の中でしか見たことがないような
金色のアクセサリーの紳士や白髪長髪の書道家風な方や
スナックお勤め休みで猥談に花を咲かすお姉様方が
まばゆい店内の中でキラメイている。

確かに歌っている人はいる。
パンチパーマのボーイさんがマイクを握る。
「○○テーブルの清水さま、どうぞ〜」
そそくさと立つお客さん。
演歌や、AKBやもっと勝手に恋している何やかやを熱唱。
確かに誰も聞いてナーーーい!
しかし、昔はギロッポン辺りでブイブイ言わしていただろう
お姉様がカウンターの中でシェイカーと腰を振りながら
手拍子をして、細やかな気遣いをしてくださる。
曲が終わると、確かに気があるようなないような拍手がホールに響く。
ちょっとあいたスペースではジルバを踊る紳士淑女。
あっ。奥の方では音楽プロデューサーみたいな人が
意味ありげな感じで座ってる。
カラオケ特設ステージの上にはミラーボールがあるのに
どこも照らされてないわーーー!







ということで、
落ち込むことがあったら、ここに来ると
なんだか元気になるんじゃないか…きっとそうだ。


と、滅多にお酒を飲まない私は
感じ入ったのでございました。






はい。余談でした。


スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

痩身剛腕

Author:痩身剛腕
劇団唐ゼミ☆ 役者

------------------------------
劇団唐ゼミ☆公演、次回は冬!

Twitter

椎野裕美子のつぶやき

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。