fc2ブログ

劇団唐ゼミ☆ 椎野裕美子のつれづれ

テント役者のあられもない日常をつづります。

Archive [2010年08月 ] 記事一覧

EIKO AND KOMA

先日、大学の先輩に誘われて、大野一雄さんに師事し、現在NYでは押しもされぬ人気を博している、EIKO AND KOMAというダンスユニットのEIKOさんが講師のダンスワークショップを体験してまいりました。もちろん、大野一雄さんの流れを汲む方ですので、エクササイズ的なダンスワークショップではありません。例えば、二人一組になって片方が目をつぶってごろーんと寝っころがり、だらだらと動き続けて(それは、一見見せるに足るもの...

美容について

この8月久しぶりに実家に帰ると女性美容雑誌が猫の毛まみれの畳の上に転がっていたので少し驚いて、誰が購入したのか父に訊ねるとどうやら、父が購入したらしい確かに、「アンチエイジング」を掲げ、朝夕の長距離散歩や、トマトの摂取、(リコピンが効くそうだ)サプリの補充など、その行動力たるや、尊敬に価する父であるが、まさか、とうとう、お肌のケアまでに気を配るというアンチエイジング祭のはじまりか?!と思ったら、ま、...

読み合わせ

唐さんの戯曲は、大人数で読み合わせをすると、かなり面白い。もちろん一人デニーズで台本をひらき、好物のカッペリーニに舌鼓を打ちながら、んふふと笑いをこらえて(多くの場合はこらえられない)台本を読むのもそれはそれで一興なのだがうっかりわからないことは放り投げてしまったり、読んでるようで、読み飛ばしている部分があったりまったく読み違えていたりすることがままあるのは、よろしくない。はず。ということで、少な...

鹿野安司さん360度パノラマ写真と私の仕事

鹿野安司さんの360度パノラマ写真。劇団唐ゼミ『蛇姫様 ーわが心の奈蛇』の舞台とテントのファサードをご紹介!かなり前からアップして頂いていたのに紹介が遅くなって大変申し訳ありません。鹿野さん。always under constructionご自身も男前ですが、いつもいつも我が愛すべき青テントと舞台美術を男前に撮って下さいます。えー、壁の汚し(古びた感じにペンキで塗る)を見事失敗し、牛柄にしてたいそう怒られた経験のある私にこ...

下谷万年町物語

そうか。そうだったのか。本日、望月六郎さんと幸運にもお酒を飲むことができ、その中で下谷万年町物語の話になった。私は目から鱗がはらりと落ちるような、今までの私の視点には全くなかったような切り込み方で下谷万年町物語を眺めていたその望月さんの眺める浅草の景色が私の頭の中のスクリーンにぶわっぅっつと映されたように感じた。だから、今も少々目がまわっている。SKDの踊り子さんが、幼い頃の唐さんの目にどう映ったの...

12期卒業生

だったらしい。知らなかった。地元の同窓生と久しぶりに再会し、ふと、そんな事を教えられた。10年そこそこしか経っていない、結構、新しめの中学に通っていたのだ。13歳そこいらの私にはその存在を目にとめることができなかった地元の昔からある居酒屋に生れて初めて進入し、深谷弁の波に包まれ、そんな話をしながらビールを飲むと、どこか不思議な温かい感覚がした。「「てんめー」とかよく言ってたよね」そうか、そんなに暴力的...

広島に原爆を落とす日

私の母は広島生まれで、母の実家から電話がかかってくると「ゆみこちゃん。元気?」と、名前の真ん中にアクセントがおかれて呼ばれなんともくすぐったい感じがしたのをよくおぼえています。広島のおばちゃんから電話がかかってくると母の広島弁が楽しくはじまり、緊張の糸がほどけた自然な感じの母が見れたような気がして好んで電話の近くにいたものです。どうやらそのせいだか、方言を話す人にぐっときてしまう傾向があります。私...

ワールドワイドうぇぶの中への復帰!!そして下谷!!

簡単なひきこもりですね。なんて言ったって、世間のことも、人間のことも、全く興味が向かず、「一人遊び?大好きです!」と、大人げないことばかりを言っていたのですから。「そろそろ書いてもいいんじゃない?」と、やさしく促され、割と、この夏お家の外に出ていたような気もするので、日記でも、これから書き連ねていきましょうかと恐る恐る思いながら、キーボードを叩いてみましたが、その前に、秋公演の日程が発表です。11月...

ご案内

プロフィール

痩身剛腕

Author:痩身剛腕
劇団唐ゼミ☆ 役者

Twitter

椎野裕美子のつぶやき

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

月別アーカイブ