fc2ブログ

劇団唐ゼミ☆ 椎野裕美子のつれづれ

テント役者のあられもない日常をつづります。

Archive [2009年03月 ] 記事一覧

イチロー

ここぞという時に打てる精神力と実力。日々の絶え間ない努力の積み重ねでしかなしえないんでしょうね。ひさびさ、野球を観て興奮しました。...

ジャズダンス

をはじめました。最近。今度の芝居は、なんとかかんとかで一踊りみたいなト書きがありますので、さすがに踊れなくっちゃいけないんじゃないのかしらん・・・とキャッツに出ていたという先生のもとに通うこと3回。楽しいなんてもんじゃない。ついていくので精一杯。これで慢性肩こりからもおさらばするんじゃないかってくらい肩を動かす動かす。本番でいい踊りが見せられた本望です。...

ハムレット役者 芥川比呂志

芥川龍之介。『羅生門』『鼻』『杜氏春』・・・芥川作品を読んだっていっても、随分昔で、誰かに「説明してみろ」と言われたらあらすじさえまともに言えないかもしれません。言わずと知れた大作家。そんな芥川龍之介に息子がいたなんて知りませんでした。(そんなところから無知でごめんなさい)しかも、芥川比呂志さんは俳優。彼の演じたハムレットは伝説に残る程の名演技だったらしいのです。その芥川比呂志さんのエッセイを今貪...

大抵悪夢です。先日は世界戦争が始まって、最前線に送りこまれる夢を見ました。銃持って敵地に乗り込むんです。敵も銃を撃ってくるし、めちゃくちゃこわいのですが、我の任務だ。と突き進む私。よかった。戦争のある時代に生まれなくて。きっとなーんにも考えず、盲目に敵と戦っていたんだと思う。いやー平和でよかった。...

さくちゃん

久々にブログを書いてます。おひさしぶりです。最近押入れの奥から岩波文庫の萩原朔太郎の詩集が出てきちゃいました。さくちゃんか・・・と手にとって読み出すとその中に「こころ」という詩がありました。その詩はこうはじまってます。「こころをばなににたとへん」さくちゃんにそう問われたので、私はうーん・・・「闇」「熱」かなぁと思いつつくままにその次を読み進めるとさくちゃんは「こころはあじさゐの花」と書かれてあった...

スケジュールを作ってみました

さて、今年の目玉、下谷万年町に向けてどんな予定になるのかエクセルでせっせとスケジュールをつくってみましたら、11月までの予定が埋まった!すごい。この大プロジェクト成功させないわけにはいかない!秋ご期待あれかし!!...

マッチ売りの少女

いつの間に春になっていたのか、黄砂も吹いて、コートを脱ぎ捨て、Gジャンはおり初めて行って来ました。新百合ヶ丘。別役実さんの『マッチ売りの少女』を観劇する為に。演出は松本修さんです。雪の降る大晦日の晩、「夜のお茶」を楽しむ夫婦のもとに見知らぬ女が訪れる。自分は夫婦の本当の娘だという。夫婦は幼い一人娘を目の前で亡くしたはずなのに・・・。彼女は、以前マッチを男たちに擦らせ、その炎でスカートの中を見せると...

お食い初め 3

ながらくつづくになっていたこのネタ。A、 甥っ子は一目散にパンデイロに駆けていった。いや、ハイハイしていきました。将来はパーカショニストでしょうかね・・・。私は小さい頃何をつかんだのでしょうか。父も母もきっと覚えているまい。...

お食い初め 2

将来どんな職業につくかの占いです。いろんなアイテムを並べて、一番興味を示したアイテムで将来の職業を占おう、てな話です。子連れ狼の大五郎だって、鞠と刀どっちを選ぶかでその生死を父に占われたくらいですからね。ポピュラーな占いなのでございます。さあ、右から見て見ましょう。まずは、パンデイロ。姉はパンデイロというブラジルの打楽器の講師をしています。よって、パーカッショニスト。次は一万円札。お金持ち。(職業...

お食い初め

ちびすけが背中にでっかい餅背負って無理させられてる姿が気に入っていて、甥っ子のお食い初めに参加させて...

ご案内

プロフィール

痩身剛腕

Author:痩身剛腕
劇団唐ゼミ☆ 役者

Twitter

椎野裕美子のつぶやき

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

月別アーカイブ