fc2ブログ

劇団唐ゼミ☆ 椎野裕美子のつれづれ

テント役者のあられもない日常をつづります。

Archive [2009年02月 ] 記事一覧

よい商売人

別役実さんの本の中にこんな話があります。「勧誘の名人」と呼ばれたとある保険外交員が、世をはかなんで自殺しようとしました。橋の上から下の流れをのぞきこんでいると、通りかかった警官が思いとどまらせようとして説得をはじめました。しかし、逆に説得され、二人は一緒に水に飛び込んでしまったのです。つまりよい商売人というものは彼独自のルールにのっとって、時として神をもあざむくことをやってのけるらしいというのです...

あなたと私の夢の国~

ということで、友人の結婚式も無事終了。音響にサンプラーを使ってみましたが、いやいや、やはりサンプラー便利です。なぜこんな便利アイテムを手に入れてなかったのか己を疑問視するばかりです。そして最近MDデッキを拾いました。捨てる神ありゃ拾う神あり。神様、ありがとうございます。...

思い込み療法破れたり

あぁ!資料が部屋中に散らばって、音響系のケーブルがあちこちに散乱し、マグカップが放置してあり、マフラーがぐちゃっと・・・自分思い込めてないじゃないか。幼きころからのクセはちょっとやそっとの思い込みでは治らんのですたい。無念。...

思い込み療法

子供の頃から本当に部屋の片付けが苦手であります。いつも本や資料や服が乱雑に散らばっていていやになります。そこで、最近「あたしってほんと片付いてないと落ち着かない性格なのよ。神経質って言われるし・・・」と思い込むことで片付けられるのではないかと只今、己を治療中でございます。やり始めたばかりなので、比較的部屋はきれにに保たれていますが、何かをやっている時にそういえばあれをやらなければいけなかった!と思...

浅草物語

という題名が気になり、(どうしても万年町周辺のことばかり気になってしまいます)劇団民藝の『浅草物語』をDVDで拝見しました。劇団民藝といえば、現在大滝秀治さんと奈良岡朋子さんが代表を務める新劇団。ハズカシながら、新劇団の公演を映像にしろほとんど観ていない私。というより、私の演劇スタンダードは唐さんの作品であり、初めて演劇に直に触れたのはシェイクスピアでも岸田國士さんでも松尾スズキさんでもなく唐さん...

東京スカイツリー

以前『お化け煙突物語』でテントを建てさせて頂いて公演した押上のあの場所。新東京タワー建設予定地。と我々は呼んでいました。先日たまたま通りかかったのでちらとのぞいてみましたら、建ってましたよ。土台。鉄骨で。なんかちょと不気味な格好でした。東京スカイツリーというらしいですね。それにしても、町並みはほとんど変わっておらず、よく使った公衆便所も業平橋駅近くのおしゃれなパン屋さんもおもろいおばちゃんがいる韓...

色川武大「なつかしい芸人たち」

浅草キッドを読み終えた私は色川さんの本を手に取りました。色川武大 『なつかしい芸人たち』昭和の大衆演劇全盛時代の芸人さんの肖像。エノケン、ロッパに、エンタツ、アチャコ、下谷万年町物語に出てくるターキーも、出てきます。浅草六区華やかなりし時代を知るのじゃ。へー、へー、ふむ、ふむ。ほー。そういえばわが家(実家)では芸人さんの話などつゆぞ出たことはありませんでした。昭和の娯楽で馴染み深いのはプロレスとに...

歌謡曲の破壊力

久しぶりに、歌謡曲を聞くと、その破壊力にびっくりします。チャゲ&飛鳥 『SAY YES』イントロから体に突き刺さりました。ショッパナの一撃で亀裂が入った我が身はじっとして曲を聴いていることができません。飛鳥さんのn音混じりの声が指先を震わせ、肩にゾゾという感覚を覚えさせます。いや、ほんと、すごいです。有無が言えません。半ば脅迫です。もうハイとしか言えません。...

犬なら絶対に雑種に限ります。あの・・・何と何が混ざっているのですか?と聞きたくなるようなあの感じが重要なのです。みんなおしゃれな犬を飼いすぎです。雑種に会いたい・・・...

友人の結婚式に使おうと思ってサンプラーを借りました。

幼い頃から高校までエレクトーンを習っていました。で、サンプラー借りて気付きましたが、エレクトーンってでっかいサンプラーみたいなもんだったんですね。ボタン(鍵盤)押すと、フルートだとか、ベースだとかそれらしい音が鳴るんですから。ま、それはさておいて、サンプラーを大学の後輩から借りまして、日々、機材と格闘しております。「ザシュッ」とか「ドンッ」とか入れて、ほほう、結構面白いじゃないの、あなた。とご満悦...

唐さんの誕生日

でした。我々は高円寺の事務所でのお誕生日会に出席させて頂きました。今年は娘さんの美仁音(みにおん)ちゃんからホールのケーキにロウソクが立っている帽子をプレゼントされて、ずっーと被っておりました。かわいらしくってまるで、芝居の一場面を観ているかのよう。お誕生日おめでとうございます。唐さん。...

父の誕生日

すごく私的なことですが2月10日は私の父の誕生日です。ここ3年連続で忘れてしまい、それはそれは悲しい思いをさせたことと思います。なんと親不孝な娘でしょう。しかし、今年、やっと2月10日にお誕生日おめでとう、と伝えられました。あぁ、よかった。みなさん。お父さんの誕生日は忘れないように。ちなみに明日11日は唐さんの誕生日です。...

ボレロ

五反田にて東京バレエ団《ベジャール・ガラ》を観て参りました。何と言っても、ボレロを踊ります上野水香さん目当てです。ボレロと言えば、ジョルジュ・ドンが踊っています『愛と悲しみのボレロ』が有名。わたくしも、ボレロ=その映像のイメージで、「女性が踊るとダイナミズムに欠けるんじゃ・・」という、なんとも貧困な発想で会場に足を運びましたがそこは上野さん。私のボレロの印象をガラリと変えてしまいました。無表情であ...

眠らなくても元気でいる方法

っていうのがあったら教えて欲しいですが、それは1日が50時間だったらばもっと有意義に過ごせるんじゃないかっていう勘違いとなんら変りません。そうです。それは言い訳なんです。何か出来てないことに対しての。例えば、ブログがあまり更新できていない時なんかの・・・...

ホンニャカハンニャカフンニャカ ホー

先日銀座に蛇姫様を観に行ってまいりました。唐さんの作る物語世界は大抵登場人物の強烈な思い込みから出来ています。そして、途中その思い込みが強く否定され、絶望に至りますが、最後にはその思い込みが思い込みを超え、現実を超え、とんでもない世界が出現し、渦を巻いて空高く飛翔していくのです。蛇姫様はそんな、なんともロマンチックな物語です。またも、家に帰って台本探して、読んでしまいましたよ。声に出して。そしたら...

ローマは一日してならず

私、本を読むのは時間がかかりますが、写真は見やすくて、好んで写真集を見たりします。それで若干写真家さんの名前を知っていて、横浜国立大学で写真家の森山大道さんの講演会が開かれるというので、矢も立ても溜まらず行ってきてしまいました。「あり得ないことがあり得ているその決定的瞬間に遭遇することが写真家として重要な素質である。」とは森山さんは言いませんでしたが、「とにかく、歩くことだね」とおっしゃってました...

箱買いのデメリット

箱買いした我が愛飲Dの箱があっと言う間に空になりました。人間たくさんあると思うとついつい贅沢になってしまうものです。たくさんあるし、ま、いっか。2本飲んでも。みたいな。時間も今日は休みだたくさん時間あるぞーと思うとついダラダラして無駄に使ってしまうし。きっと、何にでも飢えてる方がいいに違いない。...

1時間経過

ブログを書こうとしてはや1時間経ちました。何かネタになるものないかなぁと唐さんの本を読んで、気付いたら15分位たってて、いかんいかんとYou Tubeにネタをもとめてあ、あれ聴きたい徳永英明さんのハナミズキーと歌を聴いて、なんて台詞の内容をたてて歌を歌える方なんだろう、と何度も聴いて20分。そういえば今日、「円天」という不可思議な通貨単位を聞いた。なんだろう、調べてみよう。(15分経過)んーよくわかんないや。と...

リポビタンD

実家にはよく箱買いしてあり、ジュース感覚で飲んでいましたが、さすがに、自分用に箱買いをすると、贅沢な気持ちになります。寝る前のキツケのDで、明日も頑張れそうな気がするのは私だけではないはずです。台本読みながら、D。タウリン1000ミリグラム。...

冬来たりなば、春遠からじ

春の桜はもうすぐなので、梅雨に咲く紫陽花に思いを馳せるといたしましょう。かしこ...

南国の文豪

先日「寒さからくる勘違い」という私の記事を読んでくださった方から、寒い地方では、冬の時期に発症する『冬季鬱』というものがあると教えていただいました。寒さっていうものは、容赦なく人々を暗ーくさせるのです。だって南国のトロピカーナな人々が鬱になっている姿って想像できないですし。しかも鬱々としている文豪のイメージっちゅーたら、ロシアとかさむーい雪国のイメージとかがありますし。ま、私の知識ですから浅はかな...

ご案内

プロフィール

痩身剛腕

Author:痩身剛腕
劇団唐ゼミ☆ 役者

Twitter

椎野裕美子のつぶやき

FC2カウンター

右サイドメニュー

ブログ内検索

QRコード

QRコード

月別アーカイブ